そろそろ忘れそうな大阪弁

「記憶が頼り」という間違った言語採集。たぶん河内方言風味。

かんてき

2007.03.28 Wednesday
そろそろ忘れそうな大阪弁 > カ行

近頃、なぜか本来とは別の用途で注目されている気がする七輪のこと。アクセントはLLLH

基本的に、家の中では七輪が「しちりん」と呼ばれることはありませんでした。母は個人的に祖母の古い言葉に恨みがあったようで(デパートへの就職時に矯正を命じられて相当苦労したらしい。そりゃデパートで「そこぃ並べたあるよって観たっとくんなはれ」では具合悪かろう)、かなり無理をして祖母特有の語彙(実際は地域で広く使われていたもの)を避けようとしていました。

で、母にとっては、七輪をかんてきと呼ぶのも耐え難いことだったらしく、がんばって「しちりん」と呼ぼうとしていたようなのですが今度は「しちりん」が発音できないわけです。大阪ですから。「ひちりん」という発音になっていました。大阪ですし。

そんなわけで、家での「七輪」の呼称は以下のとおり。

  • 母:ひちりん
  • 祖母:かんてき
  • 私:かんてき

幼少時を振り返ってみると、台所にあるガスコンロで調理すりゃよさそうなものも、ときどきかんてきで調理されていました。朝起きたら、祖母がかんてきでおかゆを炊いていたりとか。朝から炭火調理。買い込んだ豆炭(練炭でも木炭でもなく豆炭が常用されてた)を使わんならんとか、そういった事情があったのか、単なる祖母の気まぐれだったのかはよくわかりません。

現在30代ぐらいの人なら「しち」という発音もできますし、さらに若い人なら「質屋」を「ひっちゃ」「ひちや」と言うことすらないのかもしれません。国語教育って強力だな。

いまどきの20〜30代の大阪生まれ・大阪育ちの人を捕まえて尋ねても「かんてきって何ですのん?えー、七輪のこと?そんな言い方知らんかったなぁ」となる場合が多いような気配を感じます。

最近は「ああ、またかんてきで自殺者が…」などと、意識的に七輪と呼ばないようにしている自分がいるような気がします。

    author : | comments (1) | trackbacks (0)

    かる

    2007.01.20 Saturday
    そろそろ忘れそうな大阪弁 > カ行

    漢字で書くと「借る」になる、かる。アクセントはHH

    この語は諸事情でみるみると廃れていますが、「染みる」に対しての「染む(しむ、しゅむ)」、「足りる」に対しての「足る(たる)」など、古い活用をしてそうな動詞の生き残りはちらほら。

    例:「醤油切れたさかい、かってこうか?」
    (訳:醤油が切れたから、[隣近所から]借りて来ようか?)

    醤油を「かってくる(HHHLL)」ときはタダです。

    例:「ええ、ええ。こうてくるよって」
    (訳:いいよいいよ。買ってくるから)

    お金が要るのは「こうてくる(HHHLL)」ときです。

    例:「醤油ぐらい、かわんかてかったらしまいやがな」
    (訳:醤油ぐらい、買わなくても借りれば済むことじゃないか)

    買わなくていいから「かってこい」と。

    標準語のことを考えると、紛らわしいわけです。学校の「こくご」で習うのは標準語。テレビやラジオで主に聴くのも、標準語でも本来の東京方言でもないかもしれないけど「それらしき落としどころ」のような言葉。多かれ少なかれ影響を受けます。

    また、成長していくにつれて行動範囲が広くなったり生家から離れた場所が生活圏内になったりして、いろんな地域の人と関わりを持つようになります。そうなると「借ってくる」と言うと「買ってくる」だと解釈されそうな状況も増えてくるのです。

    誤解や混同を避けたいという事情もあったのだと思うのですが、今では「借る」ではなく「借りる」が主流になっています。そして「かってくる」も「こうてくる」も、「買って来る」の意に。

    きちんと調べたわけではないのですが、借った買うたの話をするときに隣近所から醤油を借りるという時代設定に問題がありそうな例を使ってしまうのは私だけではなさそうな気がします。

    ちなみに、私の家では20年と少し前には本当に醤油を借んに行く(かんにいく)事態が起きていました。

      author : | comments (0) | trackbacks (0)

      かど

      2007.01.13 Saturday
      そろそろ忘れそうな大阪弁 > カ行

      たぶん漢字で書くと「門」。アクセントはHH

      「家の前にある庭」がかどです。で、にわと言うと、家の中にある土間を指します。

      大阪市内・近郊で「かど→いわゆる庭」「にわ→いわゆる土間」という対応関係が今でも成り立っているご家庭は存在するのでしょうか。私の場合、「そろそろ忘れそう」どころか、このサイトを作ろうと思い立って記憶をたどっているうちに思い出すまですっかり忘れていました。

      今はおそらく

      1. かど→あまり通じない。一部の人には「庭」の意で通じる。
      2. にわ→同じく「庭」のこと。「土間」ではない。

      というような認識になっている人がほとんどだと思います。

      子供の頃に「ばあちゃん、隣の(家の)落ち葉、庭にようけ落ちてたからホウキで掃いといた」と言って、

      「隣からにわに葉(はあ)入るて、そんな家あるかいな」

      と言われたときの衝撃は大きかったものです。

      にわの項に記載の「かどにわの違い」の説明を受けたのはこのとき。

        author : | comments (0) | trackbacks (0)