そろそろ忘れそうな大阪弁

「記憶が頼り」という間違った言語採集。たぶん河内方言風味。

おとす

2008.01.30 Wednesday
そろそろ忘れそうな大阪弁 > ア行

漢字では「落とす」なのでしょう。そのまま。標準語でも使う語。アクセントも「財布を落とす」場合と同じ、HHH

これだけでは何がどうそろそろ忘れそうな大阪弁なのか全くわからんわけですが、ここでは(門・扉・戸を)施錠する/鍵をかけるの意です。

例:「玄関落としてんか。勝手口はワイが落とすさかい」
(訳:玄関を施錠してくれるか。勝手口は自分が施錠するから)

例:「ほな行こか。あっ。家、落としたか?」
(訳:じゃあ行こうか。あっ。家の戸締まりをしたか?)

「家をおとす」こともあります。

未だに母が「おとす」を多用していますし、私自身も使うのですが、近頃通じにくくなりつつあるようなので記載。

元々、閂(かんぬき)の棒を文字通り「落とす」ことで戸締まりをしていたことの名残なのかな?鍵を錠に差し込んで回したりドアノブのポチを押したりする方式よりも、つっかえ棒などを南京錠で固定する類の施錠方式のほうが、個人的な「落とす」のイメージに近いです。

うちではどんな形態の錠であっても「戸締まり=落とす」でした。母や亡祖母にとっては、指紋認証だろうが何だろうが家の出入口をロックする行為は「おとす」のはず。自動車のドアの施錠がどうなのか気になるところですが、長らく自動車と無縁な家だった関係でよくわかりません。

少なくとも母に「車、落としたか?」と訊かれたことはないので自動車のドアは別の扱いなのかも。

    author : | comments (0) | trackbacks (0)

    なんば

    2008.01.30 Wednesday
    そろそろ忘れそうな大阪弁 > ナ行

    難波(HLL)ではありません。鴨肉入りの蕎麦でもありません。

    畑でばあちゃんもよく育てていたトウモロコシのこと。アクセントはHHH。たぶん「南蛮→なんば」なのでしょう。

    そもそも「とうもろこし」という名自体がよくよく考えると「唐唐土」と何かしら重複してそうなのに、南蛮モノ呼ばわりされてしまう扱いが謎です。意地でも渡来品でなくてはならんのか。

    例:「なんばの焼いたん、冷蔵庫にあるさかい食べ」
    (訳:焼きトウモロコシが冷蔵庫にあるから食べなさい)

    こう言われて冷蔵庫を開けると、トウモロコシに砂糖醤油を刷毛で塗りながら焼き上げたものがですね…ばあちゃん、なんで冷やすんな。

      author : | comments (0) | trackbacks (0)

      おとましい

      2007.05.06 Sunday
      そろそろ忘れそうな大阪弁 > ア行

      「面倒だ/煩わしい/動きたくない/いやだ」というような意味。アクセントはHHHLL。「疎ましい(うとましい)」との関係はよく知りませんが、全く別物ということはなさそう。

      負のオーラを持った語です。いまどきの口語では「めんどくさい」「じゃまくさい」「(かっ)たるい」辺り。また、疲れていたり体調を崩していて、動きづらい、身体がだるいというようなときも「おとましい」という言葉が使われていました。

      例:「毎日更新て、そんなん考えただけでもおとましい
      (訳:毎日更新なんて、そんなことを考えただけでも面倒だ)
      意味:ブログツールを使ってはいますが今後も更新頻度は低そうです

      例:「何や昨日の寝しなからおとましゅうてな。今日は寝とく」
      (訳:何だか昨日寝る前からだるくてね。今日は寝ておく[ことにする])

      世の中、なんなと(何なりと。何かと)おとましいとき、おとましいことがあるんやなかろうかと。

        author : | comments (0) | trackbacks (0)

        かんてき

        2007.03.28 Wednesday
        そろそろ忘れそうな大阪弁 > カ行

        近頃、なぜか本来とは別の用途で注目されている気がする七輪のこと。アクセントはLLLH

        基本的に、家の中では七輪が「しちりん」と呼ばれることはありませんでした。母は個人的に祖母の古い言葉に恨みがあったようで(デパートへの就職時に矯正を命じられて相当苦労したらしい。そりゃデパートで「そこぃ並べたあるよって観たっとくんなはれ」では具合悪かろう)、かなり無理をして祖母特有の語彙(実際は地域で広く使われていたもの)を避けようとしていました。

        で、母にとっては、七輪をかんてきと呼ぶのも耐え難いことだったらしく、がんばって「しちりん」と呼ぼうとしていたようなのですが今度は「しちりん」が発音できないわけです。大阪ですから。「ひちりん」という発音になっていました。大阪ですし。

        そんなわけで、家での「七輪」の呼称は以下のとおり。

        • 母:ひちりん
        • 祖母:かんてき
        • 私:かんてき

        幼少時を振り返ってみると、台所にあるガスコンロで調理すりゃよさそうなものも、ときどきかんてきで調理されていました。朝起きたら、祖母がかんてきでおかゆを炊いていたりとか。朝から炭火調理。買い込んだ豆炭(練炭でも木炭でもなく豆炭が常用されてた)を使わんならんとか、そういった事情があったのか、単なる祖母の気まぐれだったのかはよくわかりません。

        現在30代ぐらいの人なら「しち」という発音もできますし、さらに若い人なら「質屋」を「ひっちゃ」「ひちや」と言うことすらないのかもしれません。国語教育って強力だな。

        いまどきの20〜30代の大阪生まれ・大阪育ちの人を捕まえて尋ねても「かんてきって何ですのん?えー、七輪のこと?そんな言い方知らんかったなぁ」となる場合が多いような気配を感じます。

        最近は「ああ、またかんてきで自殺者が…」などと、意識的に七輪と呼ばないようにしている自分がいるような気がします。

          author : | comments (1) | trackbacks (0)

          よとぎ

          2007.03.02 Friday
          そろそろ忘れそうな大阪弁 > ヤ行

          通夜のこと。アクセントはLHL

          漢字で書くと、たぶん夜伽よとぎと言えばどこぞの家で不幸があって云々ということを指すので、男女間の何かを指すことはありません。地域等によってはそちらを指す言葉じゃないかと思うのですが。

          いまどきは「お通夜」という言葉を聞く機会のほうが多くなっているのですが、祖母はお通夜という表現を使わずよとぎで通していました。仮通夜も通夜もよとぎ

            author : | comments (0) | trackbacks (0)