そろそろ忘れそうな大阪弁

「記憶が頼り」という間違った言語採集。たぶん河内方言風味。

ザ行とダ行とラ行

2007.01.12 Friday
つれづれに

祖父は私が生まれる前に他界したし、諸事情で物心ついたときから父親というものは家にいなかったしで、祖母・母・兄・私の四人家族でした。で、この家の大人二人が二人ともザ行とダ行とラ行の弁別があやしい人たちでした。

意外というか、軽度だったのが祖母。綴りどおりの発音など意識せずに済んでいることが良い方向に作用していたのか、音が変わらないんですよ。聞いてる側が「ザなのかダなのかわからん」と区別できない音になっているだけで、調音法がコロコロ変わったりしないんですね。この3つ、調音点は同じか似たようなもんで調音法の違いで区別がついてるだけですから、摩擦の強弱やら破裂の強弱があいまいだと聞き取りづらくなります。

上の段落を読んで「わけわかんねえよ」とお感じになった方は、「ダ」と発音したときの「何かがはじける感じ」を徐々に弱めてみると「ラ」の気配が忍び寄ることを感じてください。難しいことを書いてそうですが、それだけの話です。

この地域の年配の方全般に言えることですが、ダ行の破裂が弱くラ行との聞き分けがしづらい、また当人も別の音かどうかを気にしていらっしゃらない、という場合がそれなりにあるように思います。ええ、誰もが強い巻き舌でしゃべると信じ込まれていそうな河内弁地域ですが、そういうわけでもないのです。ダ行の破裂が弱く、ラ行で舌が硬口蓋をポンと叩く音は強め・舌が浮いてる時間短め(=ラ行らしさを発揮する時間が短い)、というような印象。

ダ行の破裂の弱さも河内弁=巻き舌イメージの強調につながっていそうな気がします。ダ行であるべきところがラ行のようにも聞こえる音で発音されるので「ラ行の人たち」という印象が過剰に強くなっている、なんて事情はないんだろうか。いえ、実際に巻き舌のラ行を聞く機会もしばしばあるんですけどね。

そんなこんなもありまして、祖母の言葉を思い出して書く際に「ザ行/ダ行/ラ行のどれで書くべきか」という問題で悩むことがこれまでのごくわずかな記事でもあったような気がしますし、今後もたくさん出てくるのだろうと思います。結論としては、「どれが正解なのか、わからん」というのを何となく正解として採用しておきます。録音を繰り返し再生して破裂の加減に聴覚を集中して…ということができないのですよ。その録音が、ない。

なぜかザ行とダ行の区別ができない母の場合は、テレビ等で面白おかしく和歌山の年配の方が話す様子をとりあげていることがありますが、あのレベルで区別できなかったり「言おうとしても言えない」ことが多々あるようです。不自然に口腔・唇・舌に神経を集中しているのがわかる状態で、

「で!…ちゃう。えーと、で!…ちゃうねん。でったいでつめー!(絶体絶命)…あかん、言われへん」

と練習していたことがありました。

15年ほど前、居間のコタツの上に母が書いたメモが置いてあって「月曜・じどうさんそうじ」と書かれていました。近所の地蔵(じぞう)さんの掃除をする日だ、というのがメモの内容だったのですが、少し切ない気持ちになりました。

そんなわけで、各種メディアで「和歌山弁の特徴」としてとりあげられているのを見聞きするたびに「和歌山生まれでも和歌山育ちでもなければ和歌山在住経験も和歌山勤務経験もない、うちのオカンもそうなんだけど、なあ」と、なんとなくすっきりしない心境になります。

    author : | comments (0) | trackbacks (0)