そろそろ忘れそうな大阪弁

「記憶が頼り」という間違った言語採集。たぶん河内方言風味。

〜いで

2007.02.17 Saturday
そろそろ忘れそうな大阪弁 > ア行

この部分だけだと「〜しなくて」辺りに相当、です。前に来るものは業界用語で未然形とか言うんじゃないかと思います。「い」が否定です。たぶん。

この表現、「そろそろ忘れそう」どころか私は日常的によく使っているのですが、どうも同世代の人たちがあまり使わなくなっているように感じるのです。もっと若い人たちの日常会話で頻出しているということもなさそうです。

例:「行かいでか」
(訳:行かないということがあろうか、いやない[=必ず行く])

「*行かなくてか」と訳すのもおかしいよなと思っていたらこうなってしまいました。「行かなくて(どうするの)か」などと補っておけばよいのかもしれません。

例:「そない急(せ)かいでも間に合う」
(訳:そんなに急がなくても間に合う)

など。使えば通じるのですが、これは廃れつつある言い回しなんだろうか。

    author : | comments (0) | trackbacks (0)

    ちょうず

    2007.02.04 Sunday
    そろそろ忘れそうな大阪弁 > タ行

    ばあちゃんのアクセントはHLL

    こちらの見出しで書くべきものかと思うのですが、ばあちゃんがよく使っていたのが「お」がついたおちょうずのほうだったので、あちらを主、こちらを従としました。

    そんなわけで、詳細はおちょうず参照。

      author : | comments (0) | trackbacks (0)

      おちょうず

      2007.02.04 Sunday
      そろそろ忘れそうな大阪弁 > ア行

      漢字で書くと「お手水」。「お手洗い」「トイレ」の意。アクセントはLHLL

      たぶん国語辞典を引けば「ちょうず」も「はばかり」も語義に便所が挙がっていそうなのですが、誰にでも通じるたぐいの言葉ではないと思うのです。

      祖母はトイレのことをおちょうずと呼んでいたのですが、今の日常生活でトイレのことをおちょうずと呼ぶ人に全く出くわさないし、同年代の大阪の人に話しても通じなさそうなので、書き残しておくことに。

      今は水洗になっていたり、家の中で1個所だけになっていたりするのですが、私が小さい頃にはなぜか2個所使われていました。うち1個所は完全に家の外。靴をはかないとたどり着けない場所にある、おちょうず

      なぜか祖母はこの面倒なほうを使わせようとするのですよ。小さい子供としては、夜にわざわざ一旦家の外に出て頼りない裸電球だけが点いた非水洗のものよりは、もう少し怖くなくて水洗式(でも頼りない裸電球しかない点は同じ)のほうを利用したかったのですが。

      今にして思えば、家の外のほうのおちょうずは元専業農家だった家としては重要な肥料生産施設だったんだろうと思います。その名残で、子供たちも生産者として連れて行かれていたのかもしれません。その頃には、食っていける規模の農業はしていなかったし、肥料も化学肥料や鶏糞を使っていたようなので、実際の利用はなかったのに。畑の隅っこに、往時の名残らしき肥だめはありましたが。

      私が小学生の頃に地域一帯が一気に水洗式に移行した時期があって(下水道整備だか何だかがあったのだと思う)、その頃に「怖いほう」のおちょうずは廃止されました。

        author : | comments (0) | trackbacks (0)

        ずつない

        2007.01.31 Wednesday
        そろそろ忘れそうな大阪弁 > サ行

        「苦しい」ときに使うようです。アクセントはHHLL

        世の中にはいろんな苦しさがあるのですが、ずつのう(ずつなく)なるのは、たらふく食べたときが多いようです。

        例:「あー、ようけよばれた。ずつな
        (訳:あー、たくさんご馳走になった。苦しい)

        私の頭のなかで「ずつない=食べ過ぎて苦しい」が結びついているのは祖母が食後に例に挙げたようなことをよく言っていたからだと思います。本当は食べ過ぎて動けないときだけでなく、体調が思わしくない場合の様々な「苦しい」に使えるはずなのですが、家の中では「ばあちゃんの食後」にしか出てこない言葉でした。

        づつない」と綴りたくなるのはなぜだろう。

          author : | comments (0) | trackbacks (0)

          つくもる

          2007.01.29 Monday
          そろそろ忘れそうな大阪弁 > タ行

          「しゃがむ」の意。「うずくまる」でもあるんだろうか。アクセントはHHHH

          今でも一定以上の年齢層には通じそうですが、「つくもる」という語を聞く機会がほとんどありません。

          子供の頃に、ばあちゃんの指令で野良仕事の手伝いをしたりもしていたのですが、ガキにとってどうも楽しくなさそうな作業があったりもするのです。

          クワで畝(うね)を耕したり整えたりするのは疲れるけれどもそこそこ楽しいし、サツマイモの収穫などはときにオケラ(虫の名)と出くわすことを除けばこのうえなく楽しいのですが、草むしりというのが地味で楽しみも少ないのです。非常に重要な作業なのですが、ガキの感覚なので「つまらない」「めんどくさい」だけなのです。

          そんなわけで、草むしりを命じられてもだんだん飽きてくるのですね。で、草むしりの途中でミミズを発見したりすると、ですね。当時、近くにあるフナしか釣れない川でフナを釣るのが楽しみだったガキンチョとしては、ミミズ捕獲モードに移行してしまうのです。

          釣り餌に使えるぞ、と。コイ釣り用として売られてる「吸い込み」という仕掛けで投げ釣りしてもやっぱりフナしか釣れない川で釣りをするのに使えるぞ、と。

          釣具・釣り餌のお店で買うよりも大きいのが獲れるのに、それがタダ、というのが当時はうれしかったのです。ミミズが大きいからと喜んでいる辺りがガキなりの平和さかもしれません。

          で、指示されたことを放置して、野菜も雑草も生えてない畝の辺りにつくもるのです。そこで謎の集中力と根気でひたすらミミズ捕獲に燃えていると遠くのほうから声が飛んで来るわけです。

          例:「そんなとこでつくもってんと、草、引き」
          (訳:そんなところでしゃがんでないで、草を抜きなさい)

          何にも生えてないところでつくもって、ひたすらスコップで畝をほじくっているのですから遠くから見てもさぼっているのはバレバレです。

          今は釣りもしていないしミミズをさわるのがこわいはずなので、当時はよく平気であんなにたくさん捕獲したもんだなと思います。1〜2時間頑張ると100匹以上捕獲できる畑でした。

          冷静に考えると、ばあちゃんの土壌づくりの腕もよくて手間をかけていたからこそ、あんなにたくさんミミズがいたんだろうな。

          ミミズ話はさておき、疲れたり具合が悪くなってしゃがみ込んでる/へたり込んでる場合にも「つくもる」は使われます。

          例:「どないした?こんなとこでつくもって
          (訳:どうした?こんなところにしゃがみ込んで)

          そういえば大人になってからも、飲み過ぎて繁華街の片隅でつくもっていることがあるようなないような…。

            author : | comments (1) | trackbacks (0)