そろそろ忘れそうな大阪弁

「記憶が頼り」という間違った言語採集。たぶん河内方言風味。
<< せんど | TOP | よろしゅうおあがり >>

さいぜん

2007.01.09 Tuesday
そろそろ忘れそうな大阪弁 > サ行

「さっき」の意。漢字で書くと「最前」なのでしょうか。調べたくなっても調べないという間違った方針を採っているので、漢字でどう書くのかわかりません。アクセントはLLHL

日常会話に出てくることはほぼなくなっていると思いますし、実生活でこの語を聞いたことがないという人も多そうです。ひょっとしたら「ああ、落語で聞いたことがある」ぐらいの語になっているかもしれません。

例:「さいぜんからせんど言うたってんのに、いっこも聞かへん」
(訳:さっきからさんざん言ってやってるのに、全く聞かない=聞こうとしない)

さいぜんからせんど」言われる内容としては、

  • 「もうじき晩ごはんやよって、あんまりお菓子食べなや。ごはん入らんようなる」
  • 「暑い暑い言うてジュースばっかり飲んでたら、お腹痛あなんで」

などなど。

たいていの場合、何度も何度も注意してもらったのに、お菓子を食べ過ぎて夕食が食べきれなくなったり、ジュースを飲みすぎてお腹を壊したりして、「そやからせんど言うたやろ!」というトドメの一言を頂戴する情けないパターンになっていました。

私の中でごはんを残すことに対してとてつもなく大きな抵抗があるのは、子供の頃の環境なのかなあと思います。食べ物については元農家ならではの感覚で「粗末にしたらあかん」ということを事あるごとに言われました。

上記の「お菓子を食べ過ぎて夕食が食べきれない」状況でも、後先考えずにお菓子の誘惑に負けた子供ながらに「残したくないのに食べきれない…」というつらさは感じていました。いちおう。

今では、「さいぜんからお小言をせんど聞かされる」という機会がなくなったことに寂しさを感じます。繰り返し小言を言ってくれる人がいるというのは、ありがたいもんです。

    author : | comments (0) | trackbacks (0)

    Comment









     

    Trackback

    Trackback URL :