そろそろ忘れそうな大阪弁

「記憶が頼り」という間違った言語採集。たぶん河内方言風味。
<< なんば | TOP | 「ラッタッタ」と「ポインター」 >>

おとす

2008.01.30 Wednesday
そろそろ忘れそうな大阪弁 > ア行

漢字では「落とす」なのでしょう。そのまま。標準語でも使う語。アクセントも「財布を落とす」場合と同じ、HHH

これだけでは何がどうそろそろ忘れそうな大阪弁なのか全くわからんわけですが、ここでは(門・扉・戸を)施錠する/鍵をかけるの意です。

例:「玄関落としてんか。勝手口はワイが落とすさかい」
(訳:玄関を施錠してくれるか。勝手口は自分が施錠するから)

例:「ほな行こか。あっ。家、落としたか?」
(訳:じゃあ行こうか。あっ。家の戸締まりをしたか?)

「家をおとす」こともあります。

未だに母が「おとす」を多用していますし、私自身も使うのですが、近頃通じにくくなりつつあるようなので記載。

元々、閂(かんぬき)の棒を文字通り「落とす」ことで戸締まりをしていたことの名残なのかな?鍵を錠に差し込んで回したりドアノブのポチを押したりする方式よりも、つっかえ棒などを南京錠で固定する類の施錠方式のほうが、個人的な「落とす」のイメージに近いです。

うちではどんな形態の錠であっても「戸締まり=落とす」でした。母や亡祖母にとっては、指紋認証だろうが何だろうが家の出入口をロックする行為は「おとす」のはず。自動車のドアの施錠がどうなのか気になるところですが、長らく自動車と無縁な家だった関係でよくわかりません。

少なくとも母に「車、落としたか?」と訊かれたことはないので自動車のドアは別の扱いなのかも。

    author : | comments (0) | trackbacks (0)

    Comment









     

    Trackback

    Trackback URL :