そろそろ忘れそうな大阪弁

「記憶が頼り」という間違った言語採集。たぶん河内方言風味。
<< しょうみ | TOP | つくもる >>

よす

2007.01.27 Saturday
そろそろ忘れそうな大阪弁 > ヤ行

「直す、修理する、修繕する」の意。アクセントはHH。漢字で書くとどうなるんでしょう。るんだろうか。調べないのでわかりません。

子供の頃に関西に引っ越してきた人が新しくできたお友達と遊んでいるときに、別のお友達がやってきて「よーしーてー」LLH)と言われ、「私、どうしてよして=止してなんて言われるんだろう?」と驚くという、あの「よす」(仲間に入れる)ではないのです。あれはたぶん漢字で書くと「寄す」で、アクセントがLHです。

自転車も自動車も「よす」対象です。家電製品も「よす」のです。衣類も「よす」し、家屋も「よす」のです。病気を「治す」ことは「よす」とは言いません。

タイヤがパンクした自転車を押して自転車屋さんへたどり着いて

例:「すんまへん、パンク(HLL)したよって、よしとくんなはるか?」
(訳:すみません、パンクしたので修理していただけますか?)

と言ったりしていたわけです。冷静に考えると、年寄りが言うタイヤの「パンク」は、パンクロックの「パンク」と同じアクセントになっている気がします。

ばあちゃんなどは何かにつけて

よしたら使える

と言っていろんなものを修繕して使っていたのですが(その割りに機械ものや日曜大工方面は孫の私があれこれしてたような)、いまどきは「修理代のことを考えると直さずに新品に買い替え」なんて時代かもしれません。

この言葉は、たぶん「理解できる人」はまだそれなりにいるんだけど、「日頃から使う人」があまりいない、というたぐいのものかもしれません。滅多に聞かなくなりました。大阪市内で聞ける頻度が極端に落ちているだけで、周縁部ではまだまだ多用されているのかな。

    author : | comments (0) | trackbacks (0)

    Comment









     

    Trackback

    Trackback URL :