そろそろ忘れそうな大阪弁

「記憶が頼り」という間違った言語採集。たぶん河内方言風味。
<< なんで「記憶が頼り」なの? | TOP | こーすと >>

各コーナーのご説明

2007.01.07 Sunday
このサイトについて

カテゴリー名だけではわかりにくいような気もするので、サイトマップもどき。

おしらせ
何年かに1回ぐらいはおしらせすべき内容が出てきたりするんじゃないかと思うのですよ。
このサイトについて
サイトの趣旨やら方針やらの説明。および、この説明。いろんなサイトで「はじめにお読みください」と書かれたりしていて、たいていの場合、読まれないところのもの。
そろそろ忘れそうな大阪弁
私が個人的に「最近、こういう表現を滅多に聞かなくなったよな」「聞く頻度が異常に減ったな」と感じているもの。基本的に、祖母が使っていた表現、近隣のジジババが使っていた表現が中心となります。実質、大阪市内だけどたぶん河内弁地域なんじゃないか的な位置の、とある古い農村で使われていた表現が載ることになるのかもしれません。
そろそろ忘れそうな祖母言語
おそらく祖母個人語だろうと思われる語彙や、祖母の言語の特徴など。語彙の話でそろそろ忘れそうな大阪弁と違うところは、近隣のジジババも使っていたような表現か、家族だけが理解できる類の表現か、辺り。
そろそろ忘れそうな習俗
民俗学の素地は全くないのですが、祖母にはしっかりと染み付いていたのにあとの世代に受け継がれなかった習俗を思い出したら書いてみるカテゴリー。
つれづれに
サイト趣旨から離れて、言語全般について感じたことが何となく綴られるところになる予定。たぶん、言語と何の関わりもない話もうっかり投下してしまうんだろうな。
author : | comments (0) | trackbacks (0)

Comment









 

Trackback

Trackback URL :