そろそろ忘れそうな大阪弁

「記憶が頼り」という間違った言語採集。たぶん河内方言風味。
<< ぶったん | TOP | まんまんちゃん、あん >>

かる

2007.01.20 Saturday
そろそろ忘れそうな大阪弁 > カ行

漢字で書くと「借る」になる、かる。アクセントはHH

この語は諸事情でみるみると廃れていますが、「染みる」に対しての「染む(しむ、しゅむ)」、「足りる」に対しての「足る(たる)」など、古い活用をしてそうな動詞の生き残りはちらほら。

例:「醤油切れたさかい、かってこうか?」
(訳:醤油が切れたから、[隣近所から]借りて来ようか?)

醤油を「かってくる(HHHLL)」ときはタダです。

例:「ええ、ええ。こうてくるよって」
(訳:いいよいいよ。買ってくるから)

お金が要るのは「こうてくる(HHHLL)」ときです。

例:「醤油ぐらい、かわんかてかったらしまいやがな」
(訳:醤油ぐらい、買わなくても借りれば済むことじゃないか)

買わなくていいから「かってこい」と。

標準語のことを考えると、紛らわしいわけです。学校の「こくご」で習うのは標準語。テレビやラジオで主に聴くのも、標準語でも本来の東京方言でもないかもしれないけど「それらしき落としどころ」のような言葉。多かれ少なかれ影響を受けます。

また、成長していくにつれて行動範囲が広くなったり生家から離れた場所が生活圏内になったりして、いろんな地域の人と関わりを持つようになります。そうなると「借ってくる」と言うと「買ってくる」だと解釈されそうな状況も増えてくるのです。

誤解や混同を避けたいという事情もあったのだと思うのですが、今では「借る」ではなく「借りる」が主流になっています。そして「かってくる」も「こうてくる」も、「買って来る」の意に。

きちんと調べたわけではないのですが、借った買うたの話をするときに隣近所から醤油を借りるという時代設定に問題がありそうな例を使ってしまうのは私だけではなさそうな気がします。

ちなみに、私の家では20年と少し前には本当に醤油を借んに行く(かんにいく)事態が起きていました。

    author : | comments (0) | trackbacks (0)

    Comment









     

    Trackback

    Trackback URL :